実は、、、

こんにちは!(^^)!

今日もワンフリーハウス株式会社のことについて

書いていきたいと思います!

 

昨日、書いた記事では就活中の方や

転職を考えている方、

雇用を考えている企業様に向けて

「お試し就職(アルバイト)」に挑戦や

「チャレンジ面接」を取り入れてみませんか?と

提案するような記事を書かせて頂きました。

 

しかし、昨日書いた記事はワンフリーハウス株式会社で

実際に「チャレンジ面接」に挑戦中

新人の私が書いたものなんです。

ワンフリー株式会社の上司の方から私が思うように

感じるようにやってみなさいとの言葉を頂きました。

 

「お試し就職(アルバイト)」、「チャレンジ面接」の

考え方、取り組みが凄く私には新鮮で、

専門学校を中途退学して資格を持っていない私にとって

「チャレンジ面接」での就職のお話は大きなチャンスになっています。

 

学歴が高く、資格の数が多い人程、

就職が有利な現代社会の中で「チャレンジ面接」は

私のような中途退学者にとって

とても嬉しいシステムだと感じました。

 

そのため、私自身の能力やる気

ワンフリーハウス株式会社への

アピールポイントになっています。

 

「チャレンジ面接」がスタートしてまだ2日目なのですが

ワンフリーハウス株式会社の取り組みを

自分なりの理解で提案し、ブログを読んでもらっている方からの

共感と会社からの評価を得ようとしている私がいました。

 

しかし、そんな新人の甘い考え方を上司の方には

ちょちょいのちょいで見抜かれていました(;_;)

 

「人のために」「力になれたら」と良い顔をしていても

心の根本にある「人から良く見られたい」という思いは

隠しているつもりでも出ているものだと教えて頂きました。

 

仕事に対して「不安」や「難しい」、「大変だ」、

失敗しないように」という姿勢で

取り組むのではなく、「失敗は恐れなくていい!」、

失敗を沢山することで人は成長する」、

失敗をしてくれなきゃアドバイスはできないよ?」と

話して頂いたときに私は涙をこらえることができませんでした。

 

私にこんな言葉をくれた方は今までいませんでした。

 

私の周囲からのイメージは「出来る子」というイメージでした。

でもそのイメージは私自身が「人からよく見られたい」という

思いからできたイメージでした。

そんなイメージが嫌なことをわかっているのに

「今更壊すことはできない」と

また良い顔をしようとする私がいました。

 

自分の本当の気持ちに蓋をし続けていることに

初めて気が付いた時に涙が溢れて止まりませんでした。

その涙がボロボロ流れるたびに

心の蓋もボロボロ取れていく感覚でした。

それと同時に心が軽くなり、

人に弱さを見せることはこんなにも心が楽なのだと。

今まで無駄に気を張って、無理に強がっていたことを

恥ずかしく感じます(笑)

 

上司の方に言って頂いたように

失敗を恐れずに私らしく色んな事にチャレンジして

成長していきたいと思っています!

 

なので今日からはてなブログでは、

ワンフリーハウス株式会社での

チャレンジ面接中の私が日々の体験

先輩方に学んだ事

レポートしていきたいと思っています!(^^)!

 

それではまた明日もよろしくお願いします(^^♪