リスペクト

こんにちは(^-^)
二日ぶりのチャレンジ中のコンです♪
今日はアレルギーについて私が感じた事を書かせて頂きます☆
 
それは先日、親友家族と一緒に過ごした時の話なのですが、

親友の子供は「乳」と「卵」のアレルギーがあり、
外食ともなるとアレルギー成分の食品が使われていないか確認する必要があって、
いろいろ食べさせたいものがあっても実際は食べれないものが多いみたいです(;_;)
 

f:id:onefreehouse:20170412175456j:plain


それでも昔に比べて今はアレルギー対応の飲食店もだいぶ増えてきているみたいですが、近隣にはまだそんなお店がなかなか無いのが現状ですね(~_~;)

なので、いざお店に入ってメニューを見て「食べられるものが何もない!」なんて事にならないように、しっかり事前確認をしてる親友をみると、つくづく大変だなぁと感じました(>_<)

子供は食べることも大切な仕事ですから、どこの親御さんも子供には出来るだけ成長に必要なバランスがとれた食事を食べさせてあげたくても、自分で調理する以外、外食ではほとんどの料理に「乳」や「卵」のアレルギーに関係あるものが入っているので、決まったお店で決まったメニューになりがちになります。
それで子供がどんなに食べたがってもアレルギーで好きでも食べられない、色んな美味しいものを食べさせてあげられないお母さんの思いが子供に伝えられず本当に可哀想でした(ノ_<)
 
そんな苦労してるのにも関わらず親友は全然めげる様子もなく常に前向きで明るく、リスペクトしてしまいましたm(__)m💦

それに比べて我が家は自分達が食べている物と同じ物を家族皆で一緒に食べれるって、とても贅沢でありがたい事と学びました(^人^)
 
赤ちゃんのアレルギーは3歳までに治る可能性があるそうなので、完治に向け親友も頑張ってます。なので私も密かに祈らせてもらってます(*^-^*)
 
本日も最後まで読んで頂きありがとうございました(*^-^*)
明日も宜しくお願いいたしますm(__)m