やって初めてわかること

こんにちは(^-^)コンです♪
今回は栗の渋皮煮にチャレンジして

感じた事を書かせて頂きますね。
よろしくお願いします☆

先日、祖母から栗を頂いたので
栗の渋皮煮作りにチャレンジしてみました(^^)/
今までは母が作ったのを食べる専門でしたが
今は私も一児の母ですから頑張りましたo(^-^)o

先ずは母から作り方を教えてもらって(;^_^A

いざ作業開始‼
先ず下ごしらえの鬼皮を剥き始めてみると、硬Σ( ̄□ ̄;)
水につけていたので剥きやすくなっていると思いきや(T_T)
初めての体験からすると、二度としたくない‼って一瞬思いましたけど
やり始めたら途中でやめるわけにもいきません!

最後までやる!という性格なので(^o^;)
どんどん手が痛く指がしびれたようになりましたが、

最後の1個まで鬼皮をちゃんと剥き終わりました(^^)v

そして調理しながら、ついふっと

母はいつもこんな思いをしながら

私達に旬の美味しいものを

一生懸命に作ってくれていたのかと思うと(;´∩`)

感謝が身に染みます‼


それなのに今まで母が私に

「味見してみて」と言うのを気分だけで断ったり
理由をつけては食べなかったりして本当にバカでした(/_\;)
作ってくれた人の気持ちもわからなかったなんて💦
いかん‼と改めて反省⤵


話は戻りますが、皮剥き終わったあと

重曹で何回か煮てアク抜きもして

砂糖を入れて蓋をして

弱火でコトコト煮込んで出来上がり\(^-^)/

f:id:onefreehouse:20170915170153j:plain

そして味見をしてみると

甘くてそれなりには美味しいのですが、
やっぱり母が作った方が断然美味しいですm(__)m
まだまだ色々な事を人をリスペクトして頑張って

腕をピカピカじゃなくビガツビガに磨きあげなきゃですねp(^^)q

本日も最後まで読んで頂き、ありがとうございましたm(__)m
また、よろしくお願いいたします‼